PR

【神奈川】道の駅清川は豚丼と朝どれ地元野菜がおすすめ

おでかけ

道の駅 清川は、地元の新鮮な野菜や特産品、美しい自然風景が楽しめる観光スポットです。

この記事では、道の駅 清川の魅力や利用して感じた情報を紹介します。

ぜひこの記事を読んで、道の駅 清川の魅力を発見してください。

*訪問日:2024年4月末 

スポンサーリンク

道の駅 清川 地元特産品の魅力

道の駅 清川では、地元で採れた新鮮な朝どれ野菜や果物がたくさん販売されています。

また、地元の特産品を使ったお菓子や肉類などの加工食品もあり、お土産にもぴったりです。

例えば、清川産のブルーベリーを使ったジャムやジュースは大人気です。

新鮮で美味しい地元特産品を手に入れることができる事で人気があります。

野菜類は近隣購入者も多く、お昼ごろには売切れてしまう場合も有るようなので、午前中に行くのがおすすめです。

私は4月末GW中の午前11時前に到着したのですが、物販スペースは会計待ちのお客様で並んでいました。

スポンサーリンク

観光スポットとしての人気

道の駅 清川は、観光スポットとしても人気があります。

自然に囲まれた場所にあり、訪れるだけでリフレッシュできます。

特に、春には桜が美しく咲き誇り、多くの人が訪れます。

また、秋には紅葉が美しく、四季折々の風景を楽しむことができます。

観光スポットとしての魅力もあり、家族や友人と一緒に訪れるのにぴったりの場所です。

イベントなども行われるようなので、お出かけ前に公式ページ等で確認してからお出かけするのがおすすめです。

また、宮ケ瀬ダムや七沢温泉郷など、近隣の観光スポットへお出かけの際の立ち寄りに便利です。

スポンサーリンク

神奈川 道の駅 清川での食事

道の駅 清川には、たくさんの美味しい食事メニューがあります。

まず、おすすめは「清川恵水ポーク豚丼」です。

清川恵水ポークとは、清川村唯一の養豚場「山口養豚場」で、自家配合の飼料や清川の水で育ったブランド豚です。

山口養豚場は肉質の柔らかさなど、清川村内外で愛されて、神奈川県内でも大きな農場です。

豚に病気を移さないよう徹底した衛生管理のなかで育った恵水ポークの豚丼、ボリューム満点で食べ応えがありますよ。

その他、お子様セットやソフトクリームなどもありました。

スポンサーリンク

道の駅 清川の営業時間と施設情報

営業時間の詳細

道の駅 清川の営業時間は、通常は午前10時から午後6時まで、お食事処は、10時から午後3時半(土日祝は、午後4時ラストオーダー)です。

しかし、季節やイベントによっては営業時間が延長されることもあります。

訪れる前に公式サイトで最新の営業時間を確認することをおすすめします。

お正月三が日は、休館日です。

駐車場の利用方法

道の駅 清川には、第一駐車場と第二駐車場の2か所の駐車場が完備されています。

駐車場は無料で利用することができ、車で訪れる人には便利です。

また、駐車場は24時間開放されているので、早朝や夜遅くでも利用可能です。

前の道が細いので、駐車場の出入りには注意が必要です。

施設内のサービス一覧

道の駅 清川では、様々なサービスが提供されています。

休憩スペースやトイレも完備されており、快適に過ごすことができます。

さらに、直売所では地元の特産品が販売されており、ショッピングも楽しめます。

2階には、レストランの他に、休憩スペースと工芸品を扱うスペースがあります。

トイレや休憩スペースの設備

道の駅 清川の1階トイレは、女性用個室が2個しかなく、少ないです。

急ぐ場合は、2階レストラン脇にもトイレがあります。

また、2階には休憩スペースがありベンチやテーブルが設置され、ゆっくりと休むことができます。

使いやすい設備が整っているので、快適に過ごすことができます。

バリアフリー対応について

道の駅 清川では、バリアフリー対応のトイレも完備されており、誰でも安心して利用することができます。

駐車場は、建物より低い場所にあるのですが、スロープが設置されています。

スポンサーリンク

所在地と公式サイトのご案内

所在地:〒243-0112  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2129番地

道の駅 清川 公式サイト

スポンサーリンク

まとめ 

神奈川県の道の駅 清川は、地元産のお土産、食事、駐車場の利便性が充実しています。

訪れる際には、地元の特産品や季節限定の商品を楽しみ、美味しい食事を堪能してください。

特産農産物を購入したい場合は、午前中がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました