PR

河口湖観光におすすめ!富士大石ハナテラスの魅力とアクセス情報

おでかけ

山梨県にある河口湖に訪れるなら、富士大石ハナテラスは見逃せないスポットです。

四季折々の美しい花々や富士山を背景にした絶景、充実したカフェ&レストラン、そして周辺の観光スポットと、楽しみ方が盛りだくさんです。

この記事では、河口湖へのアクセス方法から、富士大石ハナテラスの過ごし方や注意点を詳しく解説します。

富士大石ハナテラスで素敵なひとときを過ごすための情報が満載ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

河口湖へのアクセス方法

河口湖へのアクセス方法は、車で行くのがおすすめです。

車の場合、中央自動車道を利用して河口湖ICで降りると、約15分で河口湖に到着します。

公共交通機関では、新宿から特急に乗り、河口湖駅まで約2時間で行けます。

また、新宿や渋谷から河口湖駅まで直通バスが運行しており、河口湖駅からは周遊バスで約30分ほどかかります。

各地から河口湖への直通バスを調べる方は、下記のサイトが参考になります。

バス比較ナビ>>>>>

河口湖駅からは少し距離がありますので、車以外での観光では、事前にスケジュールを確認しておくとスムーズです。

富士大石ハナテラスには、無料駐車場が90台、周辺の観光スポットにも駐車場が複数あります。

所在地:〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石 1477番1

スポンサーリンク

富士大石ハナテラスの基本情報

富士大石ハナテラスは、河口湖畔に位置する美しい花畑が特徴です。

入場料は無料で、営業時間は季節によって異なるため、事前に公式サイトで確認してから訪れると良いでしょう。

隣接する大石公園では四季折々の花々が楽しめ、特に春の桜やネモフィラ、夏のラベンダーが、秋にはコキアが見どころです。

大石公園を散策して、富士大石ハナテラスで休憩するのがおすすめ。

花畑の他にも、ハーブガーデンやカフェ、ショップがあり、散策やお散歩、ランチやおみゃげ購入などを楽しめるスポットです。

写真を撮りたくなる場所も多く、ファミリーやカップル、友人同士での観光におすすめです。

スポンサーリンク

富士大石ハナテラスの楽しみ方

ネモフィラと富士山

四季折々の花々を楽しむ

大石公園では、春には桜やネモフィラ、夏にはラベンダーやひまわり、秋にはコスモスやコキア、冬にはクリスマスローズが咲き誇ります。

特に初夏のラベンダー畑は圧巻で、紫色の絨毯が広がる風景はまるで絵画のようです。

大石公園と富士大石ハナテラスは、隣り合わせになっているので両方を一度に楽しむことが出来ます。

訪れる季節によって違った風景を楽しむことができるので、何度でも訪れたくなる場所です。

花の見頃は公式サイトでチェックしてから訪れると、より一層楽しめます。

フォトジェニックなスポット

富士大石ハナテラスには、インスタ映えするフォトジェニックなスポットがたくさんあります。

まずは、ラベンダー畑。紫色の花々が一面に広がり、とてもキレイです。

次に、河口湖と富士山をバックにした風景。

天気が良ければ、富士山の雄大な姿を背景に写真が撮れます。

また、ハーブガーデン内にはかわいいアーチやベンチがあり、そこも人気の撮影スポットです。

カメラを持って、素敵な写真をたくさん撮ってくださいね。

おすすめのカフェ&レストラン

富士大石ハナテラス内には、カフェやレストランも充実しています。

特におすすめなのは「葡萄屋kofuハナテラスcafé」

ここでは、インスタ映えするフルーツパフェやソフトクリームが大人気!パフェは予約が必要です。

また、「HanaCafe Kikyou」は、有名な信玄餅の会社:桔梗屋が手掛けるカフェ。

桔梗屋初の洋菓子ブランド「Rond.」の洋菓子が購入できます。

お買い物やカフェのご利用は、営業時間に注意です!

夕方17時迄のお店が多く、ゆっくり行くと閉店時間の場合も!!

早めに到着して、のんびり楽しむのがおすすめです。

散策自体は、夕方や夜でも可能ですが、足元が危なくなりますので、明るいうちに楽しみましょう。

女性好みのお土産もたくさんあります!

まずは、ドライフルーツ「壱の蔵」。ドライフルーツと言っても、野菜や豆もあります。

写真のオクラと小豆はめっちゃおすすめ。他にも柑橘類やバナナ、レンコンなどの野菜類もあり、軽いので持ち帰りに便利です。

壱の蔵

そして、山梨と言えば宝石ですよね。

「□〇堂(カクマルドウ) 富士大石」は、お手軽価格から高価なものまで取り揃えています。

私は母のお土産に天然石の小ぶりなブローチを購入しました。喜んでくれてよかったです。

オンラインショップもありますよ。

周辺の観光スポットもチェック

富士大石ハナテラスを楽しんだ後は、河口湖周辺の観光スポットもぜひチェックしてください。

まずは、「河口湖音楽と森の美術館」ここでは、世界中のオルゴールが展示されており、オルゴールの音色を楽しむことができます。

次に、久保田一竹美術館。染色家・久保田一竹の作品が展示されており、その美しさに圧倒されます。

さらに、富士山パノラマロープウェイに乗れば、絶景の富士山と河口湖の景色が楽しめます。

その他、美味しいパン屋さんや富士山羊羹で有名な和菓子店「金多留満」もあり、美味しい誘惑に惑わされます。

一日で色々な楽しみ方ができるのが、河口湖の魅力です。

女子人気の温泉だけ!OZ限定1泊2食付13800円〜
スポンサーリンク

富士大石ハナテラスでおすすめの過ごし方

葡萄屋ジェラード

早朝の花畑散策

早朝の富士大石ハナテラスは、静かで清々しい時間を過ごせます。

人が少ないため、ゆっくりと花畑を散策するのにぴったりです。

朝露に濡れた花々は一段と美しく、また、鳥のさえずりも楽しめます。

早起きして、他の観光客が来る前に一人で、または大切な人と静かなひとときを楽しむのも素敵です。

ピクニックを楽しむ

富士大石ハナテラスの隣には、大石公園もあり、散策を楽しむのに最適です。

お弁当や飲み物を持参して、花畑を見ながらのんびりと過ごすのも良いですね。

芝生エリアにはベンチやテーブルもあるので、快適に過ごせます。

また、現地のカフェでテイクアウトして、花畑で食べるのもおすすめです。

リラックスした時間を過ごせること間違いなしです。

フォトスポット巡り

富士大石ハナテラスの周りには、フォトスポットがたくさんあります。

まずは、ラベンダー畑。紫の花が一面に広がり、その美しさは言葉にできないほどです。

次に、河口湖と富士山をバックにしたスポット。天気が良ければ、富士山の雄大な姿を背景に写真が撮れます。

また、ハーブガーデン内にはかわいいアーチやベンチがあり、そこも人気の撮影スポットです。

富士大石ハナテラスの各ショップは、敷地内に少しずつ離れて建っており、カフェにはテラス席もあり、写真映えする場所が沢山あります。

カメラを持って、素敵な写真をたくさん撮ってくださいね。

季節ごとのイベント情報

富士大石ハナテラスでは、季節ごとに様々なイベントが開催されています。

春の花祭り、夏のラベンダーフェスタ、秋のハーベストフェスティバルなど、訪れる季節によって楽しみ方が変わります。

イベント期間中は、特別なアクティビティや限定グッズの販売もあります。

公式サイトでイベント情報をチェックして、訪れるタイミングを計画すると、より一層楽しめます。

河口湖の観光・イベントなどは、コチラのサイトで確認できます。

スポンサーリンク

富士大石ハナテラスでの注意点3つ

ネモフィラごしの富士山:2024.05

ネモフィラごしの富士山

天候に合わせた服装準備

富士大石ハナテラスを訪れる際は、天候に合わせた服装準備が大切です。

河口湖周辺は、特に春と秋は気温の変動が激しいため、重ね着ができる服装がおすすめです。

夏は日差しが強いので、帽子や日焼け止めを忘れずに持って行きましょう。

また、突然の雨に備えて、折りたたみ傘やレインコートも持っていると安心です。

冬は寒さ対策が必要で、手袋やマフラーを忘れずに準備してください。

真冬は道路が凍結する場合がありますので、交通情報を事前にチェックしてからお出かけくださいね。

混雑時の対策

富士大石ハナテラスは人気の観光スポットのため、特に週末や連休には混雑が予想されます。

混雑を避けて写真撮影などをするためには、早朝や夕方に訪れるのがおすすめです。

カフェやお土産を売ってるお店は、17時頃に閉店するお店が多いので、お買い物したい方は注意しましょう。

平日に訪れると比較的ゆったりと楽しむことができます。

混雑時には、駐車場の確保が難しい場合もあるため、公共交通機関を利用するのも一つの手です。

事前に訪問予定を立てて、快適に楽しんでくださいね。

駐車場情報と利用方法

富士大石ハナテラスには専用の駐車場があり、車で訪れる際にはここを利用すると便利です。

駐車場は無料で利用できますが、混雑時には満車になることもあります。

その場合は、周辺の有料駐車場を利用することも考慮してください。

公式ホームページにも、周辺の駐車場情報が載っていますので、確認して下さいね。

レンタカー比較サイト
スポンサーリンク

まとめ

河口湖の富士大石ハナテラスは、四季折々の美しい花々や富士山を背景にした絶景が楽しめるスポットです。

アクセス方法や過ごし方、周辺の観光スポット、注意点など、この記事で紹介した情報を参考にして、ぜひ素敵なひとときを過ごしてください。

富士大石ハナテラスでの思い出が、皆さんの心に残る素晴らしいものになることを願っています。

公式HP:富士大石ハナテラス

じゃらんnet
タイトルとURLをコピーしました